実践リスク・マネジメント

リスク・マネジメントは2009年11月、国際標準(ISO31000)となりました。

HOME

資格認定

認定証について

体系別3コースの通信講座の修了者(3回の提出課題でいずれも60点以上[100点満点]の成績)には一般社団法人実践リスク・マネジメント研究会(IARM)認定の修了証を発行いたします。

同時に、一般社団法人実践リスク・マネジメント研究会(IARM)認定の「リスク・マネジメント管理士」(5級~3級)の資格を以下のように取得できます。

各コースについて

上級資格について

さらに実践リスク・マネジメントの知識と実務における一定の水準の維持・発展を図るため、上級の「リスク・マネジメント管理士 2 級・1 級」の資格試験を実施します。3 級の資格取得者で、なお且つ「専門コース」のどれか 1 コースの修了者は 2 級の受験資格が与えられます。

  • 「リスク・マネジメント管理士 2 級」の合格者は、(1) リスク・マネジメント・インストラクターRMI:Risk Management Instructor)として、組織や大学および地域において、一般の人にリスク・マネジメントを指導・普及できる資格取得者となります。
  • 「リスク・マネジメント管理士1級」の合格者は、(2) リスク・マネジメント・オフィサーRMO:Risk Management Officer)として組織内のリスクに関する業務所管(内部監査室、リスク管理室等)の責任者としての資格、また (3) リスク・マネジメント・コンサルタントRMC:Risk Management Consultant)として RMI または RMO の資格取得者で、且つ RM 実務経験を持った専門家であり、外部へ有料で指導ができる資格の取得者となります。