実践リスク・マネジメント

リスク・マネジメントは2009年11月、国際標準(ISO31000)となりました。

HOME

リスクマネジメントNOW

■東北6県のクマ出没 何が起きている?

(2016年6月10日公開)

 秋田県鹿角市で山菜採りに出かけていた女性とみられる遺体が、10日発見された。クマによる被害とみられ、この付近でクマに襲われて死亡したとみられる人は4人となった。一方で、東北6県では山中だけでなく市街地に、ツキノワグマの出没が相次いでいる。今年4月1日から6月3日までに800件以上の目撃情報があり、昨年同時期の1・8倍となる。

  その原因として、①昨秋はエサとなるブナの実が豊作で、クマのベビーラッシュが起こった。②耕作放棄地が増え、山林と人里の境界が薄れ、人の生活圏近くにクマの活動地域が広がっている。③捨てられた残飯や農作物など人の食べ物の味をクマが覚え、人馴れが進んでいる。④狩猟人口が減り、人間に恐怖心を持たなくなった。などが挙げられる。 今秋はブナの実が凶作になる見込みで、秋にかけていっそうの警戒が必要だ。鈴やラジオで音を出し、クマが活動的な朝夕を避け、出会わないことがまずは第一。運悪く出会ったら背中を見せないで向き合ったままゆっくりと後ずさりすることが大切という。(『朝日新聞』16年6月10日朝刊より)

◆危機管理 ◆損失の危険の管理

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31